和ではないけど確かにそこに在る


どうも、カシューナッツです。


身体の使い方をやっているとよくある
ことかもしれませんが…


書籍やYouTubeの動画とかで、「??…一体、どーやったらこんな動きできるの?」って動きや身体の使い方を見るとやりたくなったりすると思います(笑)


身体の使い方って原理や理屈もあるのである程度の説明って可能なんですけど、やっぱり感覚的な部分も多いんですよね。



この感覚の部分の表現というのが人により違い、解釈自体がひとりひとり違うから表現も沢山あるようになるんですよね。



だから、もし伝えようとなるとやはり身体の事なので直接対面でないと伝えづらいところもある。



毎日、自分の中の言いたいことをあーでもない、こーでもないと目の前の人の身体が感じていることにボク自身の解釈を伝えることもしていますが、これがなかなかに伝わらない(笑)



だって相手自身が感じていることに気づいてないから。


感じてないわけではないが、感じていることを解釈していなかったり、できなかったりしていることが多いのでボクなりの表現を伝えたりもしています。


ホント言うと相手の身体の中から出てくる答えを待つのが本当かも知れませんが、そこはボクのやり方を変える必要が出てきた時にでいいかなと。



さて冒頭の話に戻りますが、身体の動きを続けているとある時急にできなかったことができたり、解ったりすることが何度もありました。



身体の使い方、動きの原理とも言うべき部分を色々変えながら、その部分を変える度に、リセットまたはゼロに戻してはじめからやるということを繰り返していると、身体そのものも変わっているのではないだろうかと思うようになってきました。


今までやってきたことを忘れる…厳密には忘れてはないのですがそれまでやり続けてたことをスッパリやめてしまうこと、みたいな感じですね。


それをしているはずなのに身体のどこかには蓄積されているのか、動きの質が変わっているような気がしてくるんですよね。


足し算はしていない、むしろ引き算をしているはずなのに、そこには残っている。


そんな感じがするんです。


ただ、ボクはセラピストで対面で武術家のような技をかけたりすることはしていないので、

(合気上げとかは練習してみましたが、うまくいきませんでした。泣)

より身体の使い方やそれを施術に活かされている方よりはやっていることは浅いかも知れません。



ですが、相手に触れる感じや、伝えれることはそれでも変わってきたように思えます。


これまでの生きてきた身体が伝えれることもあるんだなぁと時々思います。

疲労と余裕


「最近、疲れてない?」


「...?、なんで?」


「だってあなた、この頃イライラしやすいもの」


…なぁーんてこと言われたことありませんか?



どうも、カシューナッツです。


ただいま夏でくそあつい中、おまけに
いろんなストレス事も多く、疲れが溜まりやすい時期です。



人間、疲れてくると余裕が無くなり、
ちょっとしたことで腹が立ったり、
感情の起伏が激しくなりやすくなります。


さて、この余裕とはなんでしょうか?



気持ち(心)の余裕

体調の余裕

体力の余裕

気力の余裕


身体や心の余裕・余白というものが挙げらるとボクは思います



ボクが思う身体の余裕・余白というのは、身体の「あそび」がある
という解釈です。


身体が固まっていると、動きにキレがなくなり、
とっさの動きができなかったり、疲労が抜けにくくなり、
身体の故障(ケガ)に繋がります。



気持ちの余裕というのは、ストレスへの耐性であったり、
目の前の出来事に対しての穏やかさの容量というか
起きたことに対する器の大きさではないかと
思っています。
(自分の解釈ですのでご容赦ください。)



身体と心の余裕は表裏一体でして、
身体が疲れていると心のコップの中身も
いっぱいになってしまいます。



でも、そうは言ってもなかなかどちらもいつも
余裕で居ることは容易ではありません。



他人をコントロールすることは出来ないのと...

自分自身と対話しながら周囲の状況に対応していくこともまた、
容易ではないからです。



休憩したり、気分転換をしたり、自分の好きなことをする以外にも
ボク自身が最近気をつけているのは、「周りの空気を軽くすること」です。



具体的には、テキトーなくだらないことを言ったり、やって見せることで周囲を「笑わせる」
ことで場の空気を軽くするようにしていました。



「笑い」は柔軟かつ和みやすく、何より楽しいですよね。



ボク自身はもともと周囲の空気や人に流されやすいところがあるので、
逆を言えば、「場の空気を創り出しやすい」ところがあることにも
気づけました。



人を笑わすことって、案外そんなに難しいことではないんです。



基本的に自分が言ってて、やってて楽しいことを
やることが笑いに繋がりやすいんですよw



あと、笑わすことってね...
その場の全員が笑う必要はないんですね。



場の中には笑いのツボが広い人もいたり、
笑うだけで盛り上がりやすくなって、
他の人の笑いを誘う人がだいたい居るからです。



最初は、一対一でちょっとのことで笑いやすい人を
笑わせてみるといいと思います。



だんだんと自信がついてきますし、
自分も楽しくなってくるからなんですね。



話が笑いになりましたが、疲労と余裕の
バランスを取るためにも自分が笑えることを
自分の中心に持ってくると自分自身が楽になってきますよ。



まずは自分からだと思います。

その違和感を見逃さない


どうも、カシューナッツです。


最近、掃除中に足の小指の爪を傷めてしまい、
靴を履くよりも草履がとても快適です。
(元から草履派なんですが)



…ふとした時に、何気なく違和感を
感じる時ってありませんか?



そして、その後に起きたことで
「ああ、やっぱりおかしかったか」
みたいなことってありませんか?



ボクはちょこちょこあったりするんですけど、
これって直感とも言えますが、その直感自体を
感じている感覚そのものが【身体の感覚】だと思ったんですね。



何気ない違和感や肌がピリつく感じ…


胸や腹を掴まれるようななんとも言えない感覚…


この違和感を見逃さないことって大事だと思うんです。



そういう感覚がある時ほど油断しないというか
次に起こる展開に気を引き締める感じっていうんですかね、自分の身体で感じる小さな違和感を軽く見ない方がいいと思います。



例え、次の瞬間に何も起きなかったとしても…



それが繰り返されてきて、ふと油断した時に
事故やトラブルは起きるものですから。



まぁ座して待って、それを学ぶのも
大切だとは思いますが、油断ばかりでは
ひと昔前のことならやられてしまいますからね。


普段から研ぎ澄まして置いた上で
あえて待つことと…


常に油断だらけで気の抜けた状態でいるのとではまるで意味が違うと思いますから。

認知していない世界

 

あなたは自分の家のリビングにあるテーブルに飲みかけの

水の入ったコップを置き、ソファーで別の作業をしていました。

 

またのどが渇いたので、テーブルの上にあった水を飲もうとコップを

手に取ろうとすると、さっき置いた場所とは別のところに置かれていました。

 

「?」

 

不思議に思ったあなたは、コップを元の場所へ

また作業に取り掛かりました。

 

 

数十分後、またのどが渇いたあなたはコップの水を飲もうと思って

またリビングへ行きました。

 

 

すると、またコップの場所がさっきと違っていたのです。

 

「っ!?」

 

あなたは鳥肌が立ち、わけがわからずだんだんと恐ろしくなってきました。

 

 

この時、家にはあなたかしか居なかったので、

夜は恐くて恐くて眠れませんでした。

 

翌日、あなたは仕事の同僚と昼食の際に、

昨日のことを話しました。

 

 

すると、同僚の口から…

 

 

「お前、それ仕事の時も時々あるじゃん。」

と言われたのです。

 

 

「えっ」

 

 

「いや最近、お前の顔疲れてるし、やること多くて忙しいから

資料の紙を自分でデスクの上に置いてたのに、自分で置いたことを忘れて

”どこやったっけ?”ってよく言ってるじゃないか。それとおなじことじゃねぇの?」

 

 

「そ、そんなことは…」

 

 

(確かに、自分はこのところ疲れていて、夜もろくに眠れていないし、

妻にもよくボーっとしてて話を聞いていないじゃないとよく言われていたな・・・。)

 

 

「ほら、心当たりあったろ?」

 

 

「う、うん」

 

 

そう、あなたは疲れとストレスから自分が無意識にとっていた行動を

忘れていたのです。

 

 

ヒトは極度に疲れたり、過度なストレスに晒された状態が続くと、

認識することが薄れやすくなります。特に同時にいくつもの課題をこなしている時はさらに集中力を必要とするので、無意識下の行動となり易く、その行動をしたことさえも認知していなかったりします。

 

 

例えば、日常的な行動、スマホをいじりながら歯を磨いたり、テレビを観ながらご飯を食べていたり、音楽を聴きながら車を運転したりと、普段の生活のなかで当たり前と思って行動していることほど、認識が薄れたり、忘れやすくなりますね。

 

 

ボクたちは日々の生活のなかで常にたくさんの課題を同時に行っています。

 

 

PCやスマホとどんどん生活は便利になっていますが、目に見えない影響も身体や心に多く受けているんですね。

 

 

ボクたちはこの認知していないコトが増えるほどに身体や心はより疲れ、

気づかないうちに見えない傷を自分やまわりにもつけていくことになるかも知れませんません。

 

 

認知していないことに気づくのはある意味とても怖いです。

自分は問題ないと思っているのですから、それを指摘されるのは

とても心に負担がかかるかもしれません。

 

 

ですが、人はそこに気づく必要があるから指摘があるのだと思います。

 

 

今回の内容は疲れやストレスというカタチでしたが、

もっとわかりにくく、あなたの人間関係の問題や仕事の問題、

家庭の問題などさまざまなケースでこの指摘というのは生じてくるものと

思われます。

 

 

この認知していない世界を認知することを

あなたが受け入れた時、あなたの見える世界が

またひとつ変わることに繋がるんじゃないかと

ボクはそう思います。

 

 

 

 

 

 

困難な時期を乗り越える時


どうもこんにちは、カシューナッツです。


あなたは人生の困難な時期を
乗り越えた経験はありますか?


人は生きていれば誰もが頭を抱えたくなるような時期を経験することもあるかと思います。


ボクも何度もそんな時はありました。


その度に、ボクが乗り越えるのに
助かったのは【人】でした。


ボクは人の運が良かったのだと思います。
それは子どもの頃から祖母にそのことを
言われ続けていたおかげかもしれません。


自分ではどうしようもない時、
ふと周りを見ると誰かが居てくれて


「大丈夫?」って言ってくれて
いたような気がします。


もし、あなたが一人でどうしようもないような
困難な状況にあるのだとしたら…


顔を上げて周りを見渡してみてください。


あなたが歩いてきた道の後ろには
必ず誰かが居てくれて


あなたのことを見続けていると思いますから。


まずはそれを信じてみることが大事なんだとボクはそう思っています。

今なにを感じているか?

こんにちは、カシューナッツです。

身体をより軽く楽に動かしたいと
スポーツや運動している人は思うことでしょう。


そのなかで教わる人も教える人も
こうしたらこう軽くなると動きの
コツや技術を学ぶと思います。


この時によくなりやすいのが
「これをやれば良くなる!」みたいな
考えに陥りやすかったりする。


身体や動きの構造、原理を知ることや
体感することはとても大切。


でも、身体だけが大事なわけでもない。


「自分が今なにを感じているか?」



と感情(心)で自分が今どう思っているのかを
知ることも身体を知る意味でも必要なことになってくるんですね。


自分のなかに思っていることがあるけど
それが言葉にならない…。


自分が今【嬉しい】【悲しい】【恐れ】【安心】などの喜怒哀楽でなにを感じているのか?
と感情にラベルをつけていくだけでも身体は変わります。


「あの人から言われた一言で肩の荷がおりた」というように自分の感じている感情が言葉にならない時に投げかけられた言葉が自分の心に刺さるとふっと力んでいたものが緩んでいくようにね。


身体と心は繋がっている。


ここを知っておくだけでも少し安心できると思います。

どう構えているか


どうも、コーヒー大好きカシューナッツです。

このブログでは

身体の使い方を通して感じたことや
日々の仕事のなかで感じたことを

記録として残して行こうと思いますので
どうぞよろしくお願いします。


さて、仕事をしていてふと思ったことですが、

日々色んな出来事が起きる中で

同じようなことは起きても、

すべて毎回初めてなことばかりなんですね。


ただ、脳は錯覚すると言いますが、毎回初めてなことばかりだとストレスと感じやすすぎるので、
惰性という形で同じようなパターンの出来事は
パターンに当てはめて自動化できるようにするのかもなーと思っています。


だからといって仕事以外でも日々色んな出来事がある中で「次に何が起きるかな?」といちいち身構えているのはそれも疲れると思います。


ではどう構えているかのが良いのだろうか?


ボクの職場では最近、リーダーのポストが
空いた状況で仕事をしていますが、仕事はなんとかできている状況です。
責任の所在とかグレーなことはいくつかありますが、それぞれが考えて連携をとりながら動くので大きな事件は起きずに過ごせています。


じつは以前からリーダーがいない日でもコミニュケーションをとりながら業務を進めて事後報告だけってことも多かったので居なくなっても今更的な感じで業務に大きな支障が無いことが背景にあるからというのもあります。


ただそれは普段からの心構えや姿勢というのも大切になってくると思います。


なにが起きても大丈夫。

なるようにしかならない。

なんとかなる。

そう思いながら、身体の余分な力を抜きながら
日々の業務にあたることがいざ自分たちの環境が変わる時にも柔軟な心構えでいられるコツみたいなものだと思っています。


色んな状況が変わり、

先行きが見えにくい今だからこそ

あまり身構えずに力を抜いた状態で

いることが楽でいられる秘訣だと思います。